· 

【腰痛】ストリームラインと腰痛(後編)

皆さん、こんにちは。

 

マクドナルドの濃厚ふわとろ月見にはまった上野です。ちょっと想像を超えてきます。

 

さて、

 

前回、"ストリームライン"の姿勢をとった際に腰が沈む、骨盤が前に反る(前傾する)ことで腰に痛みが現れやすいですよ。と紹介しました。

 

今回は痛みがでる理由とストリームラインを整える方法を書いていきますね。

 

ストリームラインテストの仕方は前回の記事を参照ください。

【腰痛】ストリームラインと腰痛

 

ストリームラインを取り腰の間に隙間ができた方は骨盤が前に倒れています。そのことを“骨盤が前傾する”と言います。前傾が強くなることで骨盤を土台として積み立てられている腰の骨(腰椎)の前へのカーブ(前弯)が増大します。

 

骨盤の前傾状態は、腰椎の前弯を強くすることで背中と腰にある筋肉を短縮させ、股関節前側に固さを作ります。

腰椎は背骨を構成する中では可動域が広い関節です。椎体という上下の腰骨を繋ぐ面積が広いため曲げ伸ばしは胸椎より広いです。その分、安定性に欠け背中、腰の筋肉が固く動きが悪いと、突発的な動作や腰部に負担のかかる中腰をとると腰周辺の筋肉、健に歪みが生まれ痛みとして現れます。

 

腰痛を引き起こさないために、骨盤が前傾せず前後にバランスのとれた状態を目指す必要があります。腰を反らないストリームラインを日々意識することが大事です。

腰部に負担を掛ける姿勢、骨盤の前傾位を改善するために股関節のストレッチ、殿部、腰部の筋肉を解すことと合わせて、次のドリルを行いましょう。

1.壁に背を向けてお腹を丸めます。
1.壁に背を向けてお腹を丸めます。
2.腰部が壁に付くよう足を前に移動させます。
2.腰部が壁に付くよう足を前に移動させます。
3.腰部全体が付いたら姿勢を戻し、前に移動させた足を壁に近づけていきます。
3.腰部全体が付いたら姿勢を戻し、前に移動させた足を壁に近づけていきます。

4.腰部が壁から離れる直前で止め、ゆっくり3回呼吸します。

1〜4を数回繰り返します。

※行っている間、腰部が壁から離れないようにしましょう。

※お尻がきゅっと閉まってくる感覚があります。

すぐに壁と腰部の間が近くとはいきませんが、ご自身の体の状態を知ることが何よりも大事です。定期的に腰痛がある方こそ習慣として行って欲しいです。

 

ちなみに

 

ストリームライン(蹴伸びのような姿勢)は体の硬さを知るための指標になります。

・後頭部を壁に付けると首が緊張する。

・腕が耳の横まで上がらない。

・腕を耳の横まで上げようとするとお腹が前にでる。

・腰が反る。

・膝の間に拳が入る。

・脹脛が壁に付かない。

上記にあげた内1つでも当てはまった方は体のどこかが柔軟性を失っています。気になる方はぜひご相談ください。

 

それでは今日も笑顔溢れる1日でありますように。