· 

【肉離れ】ミートグッバイ!!

矢倉岳と富士山
田舎の風景

蹴球鍼灸師のちえぶろぐvol.114

「お久しぶりのミートグッバイ‼️よっ!!」
 
いやー、久々にやってしまいましたー
 
「いわゆるひとつのミートグッバイ、ん〜どうでしょう〜。こんにちは、プリティ長嶋です!(嘘w)」
 
知ってる人は知ってると思うのであえて説明はしませんw
 
先週の土曜日、トレーニング中に肉離れ(ミートグッバイ)をやってしまいました。
 
ふくらはぎ(腓腹筋の内側)がブチっていったんですよね…(^_^;)
 
速攻で離脱、、、しばらくして、まともに歩けなくなりました…
 
痛いのなんのって、正直なところ肉離れでここまで痛くて歩くのも困難なのは初めての体験でした…めっちゃ凹みました…
 
しばらく運動ダメだなって…
 
でもまあ、なるべくしてなったのは分かっていました。なんか、違和感あったんですよね。
 
でも、根拠もなくいけるんじゃないかって思ってました。
 
要するに調子に乗ってたって事ですね…反省。。。
 
でもまあ、やってしまった事は仕方ないのでここは切り替えて治療に集中、今できる事にベストを尽くすしかありません。
 
 
とりあえず、アイシングと圧迫…仕事があったので完全に安静とはいきませんでしたが、初日はなんとか乗り越えました。
 
寝ている時は圧迫テーピングと付けっぱなしに出来る電気治療(ATミニってやつ)を装着しました。

 

ATミニ
ATミニ
翌日もそこまで改善は見られず…
 
翌々日から徐々に良くなって3日後には、足を引きずらずに歩く事ができるようになりました。
 
で、約6日たつんですけど、もう小走りできます!
 
かなり、順調だと思います。
 
これはほんとに嬉しい。我ながらいいケアができたなーと自分を褒めたいです(^^)/ 
 
何を言いたいのかというと、ケガに対する知識と、適切な処置、治療をすれば明らかに回復が早くなると言うことです。
 
当たり前の事かもしれませんが。
 
でも、これってそれなりに勉強しているか、学校などである程度のカリキュラムをこなしていないと正しい判断、正しい処置って出来ないんですよね。
 
ネットで調べても、今出てるその症状と同じとは限らないんです。
 
当たる事もありますが…
 
まずは、親身になって、そのケガと向き合ってくれる専門家に相談するのが一番だと思います。
 
決して私の事を言ってるわけではありませんのであしからず…テヘッ
 
でも、腓腹筋の「ブチっ」と切れたやつの治し方、直し方は知っていますよー

 

 

昨日はここでリハビリ。

 

金曜担当ばんぶーでしたー