· 

【横浜DeNAベイスターズ】かっとばせ!シバタ!

横浜DeNAベイスターズ 柴田選手
横浜DeNAベイスターズ 柴田選手

ついに、横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムでの観客入れての試合が再開されました。

残念ながら、初戦の金曜日は天候も悪く雨天コールドで負けてしまいましたが、今週は連勝するんじゃないかと願っている露口です。

 

横浜DeNAベイスターズの現在順位は4位

 

 

一時より少し勢いが落ちてきたような気がしますが、その一番の要因はT.オースティン選手の抹消ではないでしょうか。

以前紹介させていただいたT.オースティン選手は現在ケガの為一軍には登録されていません。

T.オースティン選手の勝負強い打力が無くなってしまったのですが、代わりにある選手にチャンスをつかみそうなんです。

 

その選手は柴田 竜拓選手(背番号31)です。

 

 

柴田選手は内野の守備がとても上手く、【抜けそう!】という打球も難なく処理をしてアウトを取ってくれる、守りでいると心強い選手の一人です。

 

 

昨シーズンまでは、終盤の守備固めで起用されることが多かったですが、今シーズンは何試合かスタメンで試合に出場しています。

柴田選手のポジションはセカンド・ショート・サードとポジションも多くま守れるのも特徴です。

メインポジションはセカンドになりますが、同じセカンドを守る選手に強力な選手がいるんです。

それはN.ソト選手(背番号99)です。

 

 

N.ソト選手はホームラン王を2年連続受賞するほどの打力に長けている選手です。

N.ソト選手はセカンド・ファースト・ライトを守ることができますが、開幕からセカンドを守ることが多かったのです。

セカンドを守る理由は、外野手がT.オースティン選手・佐野選手・梶谷選手という3人が固めているからです。

 

 

そんななか、T.オースティン選手はケガにより一軍登録を抹消され、ライトのポジションが空きました。

横浜DeNAベイスターズには頼もしい外野を守れる選手は他にもいますが、なかなか調子が上がってきていないようで思い通りの成績が残せていません。

 

 

この熾烈なポジション争いの中、チャンスをつかみかけているのが、柴田選手です。

 

 

柴田選手は外野の守りはしないのですが、元々セカンドを守っていたN.ソト選手は外野を守ることができます。

なので、セカンド:柴田選手 ライト:N.ソト選手 というオーダーが組まれることが最近多くなってきました。

柴田選手は守備が上手い選手だと紹介しましたが、今シーズンは打撃も調子がいいんです。

現在(7/18時点)での成績は34打数 11安打 打点2 打率.324

打力に長けている選手と比べると打点が低いような気がするかもしれませんが、柴田選手には鉄壁な守備力がありますしバントなどの小技もできることが打点の低さを超える評価になっているはずです。

 

 

このチャンスをつかみかけている柴田選手の今後の活躍が楽しみですね!

試合を観る際、柴田選手にも注目して観て下さい。

 

 

I ☆ YOKOHAMA

 

狙い澄ました ミートと
(ねらいすました みーとと)

巧みな グラブ捌きは
(たくみな ぐらぶさばきは)

努力という かけらの
(どりょくという かけらの)

結晶の 証だ
(けっしょうの あかしだ)

かっとばせ!シバタ!