· 

【健康】取れない疲れと腹筋の関係

エコー、東戸塚、接骨院、スポーツ外傷
体幹の筋肉を上手く使えていますか?
皆さん、こんにちは。

シャワーランが定番になりつつある上野です。

 

雲の合間を見つけて走り出すも、結局雨に打たれてます。

 

雨男です...

 

さて、

 

患者さんからのこんな相談が最近多いです。

 

「何か寝起きから全身疲れてます。」

 

これは困りますよね。寝て起きても疲労が抜けない、体が固まっている。

 

色んな原因が考えられますが、僕が思うに呼吸が浅くなることが関与してそうです。

 

なぜかと言うと

 

・毎日マスクをして過ごしている。

 

・長引く梅雨で湿度が高い。

 

・ショックなニュースばかりで不安が多い。

etc...

 

これらは呼吸を浅くさせます。

 

呼吸が浅くなるとは、腹式呼吸ではなくなり、胸式呼吸になっていることです。つまり口で呼吸してしまい、呼吸時に働くお腹周りの筋肉を使わなくなります。

 

呼吸が浅くなると、体のある部分に不具合を起こします。それは腹部の筋を使わなくなったことにより、腹部を支える力(体幹力)が低下しまいます。

 

腹部の支える力(体感力)が低下することによって、四肢(腕や脚)に力が入ってしまい、寝ている間も力が抜けず、結果疲労が抜けないことに繋がります。

トップの画像は腹部のエコー画像です。お腹を覆っている筋肉が写っています。

 

どれも重要ですが、その中でも特に重要なのは、4層目にある腹横筋です。腹式呼吸が上手くできると、上の写真のように厚みが増します。

 

体幹の筋肉を上手く動かせることによって、起床後の疲労だけでなく、競技力の向上も期待できます。

 

自分のお腹がどうなっているか気になる方は、上野までお問い合わせください。

 

それでは、週末の夜をお楽しみください。