· 

【ランナーの怪我】ふくらはぎ痛の原因と対策

ふくらはぎやアキレス腱の痛みで悩んでいるランナーの皆さんへ
ふくらはぎやアキレス腱の痛みで悩んでいるランナーの皆さんへ

 

こんにちは、高岡です。

 

今日は、どうにもふくらはぎとアキレス腱付近の強い張りが改善しないというクライアントを例に、お話をしていきます。 

 

このクライアントさんですけど、上半身も柔らかいし、股関節も柔らかい。

 

一般的に言えば「怪我をしにくい」と言われるような方です。

 

なーのーにー、二日続けて走るとどうしても左ふくらはぎ〜アキレス腱にかけて、痛みにも似た張りが出てきてしまうんですが、 こういう場合はたいてい一番体重が載っかった時に、足首に過度なプロネーション、つまり捻れが出ています。 

 

 

足首がプロネーションしてるってことは、わかりやすくいうと内くるぶし内側に落ちてる状態 

 

下の画像をご覧ください。

 

着地の瞬間に、下の画像の左から2番目の赤のシューズのランナーのように足の外側から着地が過度だと、ふくらはぎに捻れが生じやすいんですね。

 

過度な外側接地
過度な外側接地

 

なぜかというと・・・

 

過度な外側着地から最も体重が乗り込むの際に、土踏まずが潰れる方向、つまりこれがプロネーションで 「内くるぶしが内側に落ちる」ってことですけど、外側から着地するとプロネーションが加速しちゃうんですよね。 

 

それによってアキレス腱やふくらはぎの捻れを誘発してしまいます。

 

下の画像をご覧ください。

 

①外側接地の瞬間
①外側接地の瞬間
②内くるぶしが内側に落ちる=土踏まずが潰れる
②内くるぶしが内側に落ちる=土踏まずが潰れる

 

いかがでしょうか?

 

上の②の画像を見ていただくと、内くるぶしが内側に落ちて、アキレス腱が捻れてるのが見て取れるはずです。

 

このような動きが、ふくらはぎ痛に悩んでらっしゃる方にものすごく多く見受けられます。

 

もしあなたもふくらはぎが張りやすい、痛くなりやすいということであれば、こんな動きになってるのかもしれませんね。

 

この記事の冒頭でお話ししたクライアントさんも、過度な外側着地になっていました。

 

あなたがこのような動きになってるかどうかは、シューズの裏をみるとはっきりします。

 

シューズの外側が擦れていたりしませんか?

 

おそらくその擦れ方にも左右差があると思うんですけど、ふくらはぎがよく張る方が擦れているということであれば、あなたはここまでお話ししてきたような、過度に外側で着地しているのかもしれませんね。

 

で。

 

大事なのはここからですね。

 

例のクライアントさんがどのようにして、いつも悩まされているふくらはぎ痛を改善したかというと、この動画にある動きづくりをやったからです。

 

 

あなたがもしふくらはぎ痛にお悩みであれば、ぜひともチェックしてみてくださいね。

 

というわけで。

 

今日は「ふくらはぎ痛の原因と対策」ということでお話ししてきました。

 

ぜひとも試行錯誤していただきつつ、あなたの体に眠る「お宝」つまり、あなたの体に眠っている能力を引き出して、ランニングのパフォーマンスを向上していただけたら嬉しいです!

 

応援してます!

 

 

・・・・・

 

ちなみに、「ゼロベースランニングラボラトリー・メルマガ」という月額450円のメルマガでは、ランニングのパフォーマンスアップのための最新情報などを毎日(木・日以外)お届けしてます。

 

一日あたり20円で、あなたのランニングのパフォーマンスアップに直結する情報をゲットしませんか?

 

7日間の無料購読期間もありますので、まずはぜひお試しください。

 

もし興味がある方は下のボタンから詳細をご確認ください。