· 

【トレーニング】スクワットpart12「小指ピーンと伸びますか?」

どもども三谷です。


少しずつ少しずつ日常が戻ってきてますね。


我が家も、嫁の育休が終わり


先週から仕事に復帰し、


1歳の娘も保育園に行き始めたりと、


新たな日常がスタートしています。


今のところ預ける時も、泣いたりとかはまだないみたいですが


そんなわけで前回は、


スクワット最中に足底の圧を一定に保つためには、


「小指外転筋」がポイントになると言うお話でした。

(詳しくはこちらから


今回は実際にエクササイズを動画を交えて、


ご紹介していきますね。



小指エクササイズ1


まず小指を曲げたり伸ばしたり、


手でサポートしながら動かしましょう。


ただし、前回お伝えしたように、


指がピーんと伸びた状態(12関節は伸びたまま)で、


根元から動かしましょうね!



さらに5本の指、全部が開いてるとより効果的です。


慣れてきたら手のサポートがなくても、


同じように動かしてみましょう。


これは結構、難易度高いので、


無理そうならサポートありだけで十分です。



小指エクササイズ2


次は荷重をかけます。



小指の腹まで体重をかけましょう。


と言ってもまずは自分の手で押します。


小指の腹が着いた状態で、ご自身の手で圧をかけましょう!


大事なのは「小指で地面を押してるなー」と


感じられることです。


あくまでも手はサポートです。




小指で感じとりたい


前回もお伝えしましたが、


スクワット時、地面を噛みたくないんです。


小指でも地面を押したい、


正確には触れて感じとりたい。


そのためには小指外転筋の作用で指が伸びたまま、


根本から曲げて押したいんですね。


すなわち小指の腹までべったりと、


吸い付くような感じで、


スクワット出来てますか?ということです。


地道なエクササイズですが、


毎日少しずつでも行えば、


小指の感覚が活性化してくると思います。


ぜひトライしてみて下さいね!応援しております。

三谷 勇人(ミタニ ハヤト)
痛みの治療、姿勢改善、動作改善、トレーニング指導の専門家/中学・高校・大学野球専属トレーナーなど野球トレーナーとしても活動中/目標:今年140km/h投げれるトレーナーになる/昨年116km→134km/パフォーマンスアップのための動画配信もしています!

「なぜパフォーマンスが上がらないのか?」「なぜ怪我ばかりしてしまうのか?」

そんなお悩みのかたは、三谷勇人オフィサイト「ZERO 

>>> https://hayato-fastball.jimdofree.com

 

○ Instagramで動画配信。すっごく暇だったらチェックしてね!

>>> https://www.instagram.com/hayatomitani

 

○ Twitterでも、動画配信、また体のこと野球のこと、他にも感じたことなど色々とつぶやいていまーす!ぜひフォローしてね!

>>> https://mobile.twitter.com/hayatomitani