· 

スクワットpart11 「足のパー」出来ますか?

どもども、三谷です。


前回はスクワットで膝を痛めないためにも、


「小指側にも荷重して、足底の圧力を一定に保ちましょう!」


というお話しでしたね。

(前回のお話しはこちらからどうぞ)


そんなわけで今回は、


「そもそもどうやったら小指に乗れるの?」


そんなお話です。



小指外転筋??



「小趾外転筋」


みなさん聞いたことありますか?



画像引用『itami-setumeisho.com』より



「なに、そのマニアックな筋肉は?」


と思われるかも知れませんが、


めちゃくちゃ重要な筋肉なんですね。


ちなみに足の指でパー出来ますか?


もっというと、小指が開きますか?


そして小指がピーんと伸びたまま、曲げれますか?


そう、この「小指外転筋」、機能としては、


「足の指を開く(外転)」、


「足の指を曲げる(屈曲)


があります。


(さらに他の筋肉と協力して、立方骨の適合性、安定性を高める、すなわち外側アーチの形成作用があります。)


どういう事かと言うと、


この小指外転筋が機能不全だと、


足のパーが出来ない、


小指が外に開けないんですね。


また、足の指を曲げる(屈曲)こと。


これもめちゃくちゃ重要なんです。


正確に言うと、


指がピーんと伸びた状態で、指の根本から曲げる。


決して指を噛みながら曲げては、ダメなんですね。



小指で押す!



スクワット時もそうですが、


地面を噛みたくないんです。


小指でも地面を押したい、


正確には触れて感じとりたい。


そのためには小指外転筋で指が伸びたまま、


根本から曲げて押したいんですね。


すなわち小指の腹までべったりと


吸い付くような感じでスクワット出来てますか?ということです。


また、浮き指とも言われていますが、


指が浮いてもダメなんです。


指は「押す感覚」なんです。



小指外転筋と外側縦アーチ



そして、そして、この小指外転筋、


実は外側アーチを形成する上でも


めちゃくちゃ大事なんです


足底にはご存知かもしれませんが、


3つのアーチがあります。


足のアーチ機能として注目されやすいのが、


内側縦アーチですが、外側縦アーチ、横アーチと


3つのアーチがあります。


その中で外側を構成しているのが、外側縦アーチです。





この3つのアーチが機能しているからこそ、


足底の圧を一定に保ちながらスクワット出来ますよね。


そしてこの外側アーチ機能の保持には、


色々な筋肉や靭帯が関わりますが。


この中でも特に重要なのが、


「小趾外転筋」です。


そんなわけでこの「小指外転筋」。


小指で地面を押す感覚、


そして外側縦アーチを形成する上では重要になるため、


小趾外転筋がしっかり作用するエクササイズを


やっていく必要があるわけなんですね。


次回はそのあたりについてお話してきますね。


最後までお読みいただきありがとうございます。

三谷 勇人(ミタニ ハヤト)
痛みの治療、姿勢改善、動作改善、トレーニング指導の専門家/中学・高校・大学野球専属トレーナーなど野球トレーナーとしても活動中/目標:今年140km/h投げれるトレーナーになる/昨年116km→134km/パフォーマンスアップのための動画配信もしています!Twitter、Instagram、「hayato mitani 」で検索