· 

【お灸】お灸(もぐさ)を作ってみた。

蹴球鍼灸師の東洋医学のちえぶろぐ vol.102

「お灸!もぐさを作ってみた!」

 

最近、ロードを走っていて、気が付くとヨモギを探している、ばんぶ~です。

 

アスファルトの道路の、ちょっとした隙間とかからニョキッと、ほんとに色んなところに生えてるんですよね。

 

その生命力はすごいと思います。

 

 

さて、前々回ヨモギを取りに入った話はしましたよね?

※ヨモギの時期、正しくは3月~8月みたいです。すいません。

 

そのヨモギが、だいぶ乾燥してカラッカラになったのでモグサを作ることにしました。これを更に乾燥させました。

 

時短で作るにはこいつを使います。

普段はコーヒー豆をミルするやつ

 

これに乾燥ヨモギを入れます。

こんな感じですね。

 

そしてスイッチオン!!!

 

一回目の後はこうなりました。

ほぼ、原型はないですね。

 

これを取り出してふるいにかけます。

こんな作業を繰り返します。

 

こちらは4回目くらい

途中、中蓋をしないで回してしまい、粉が出てきてあわや大惨事でした・・・

これの掃除に時間を結構取られました。。。床にもヨモギの粉が・・・オーマイガッ

気を取り直して、こちらが8回目くらい

ちょっと、反射していて分かりづらいですが、だんだん白っぽくなってきましたよね。

 

10回以上やるとこんな感じです。

 

もう、ここまでくるとモフモフで気持ちいいっ!!

 

これくらいになればいいと思います。

 

これを更に寝かせます。

 

そうすると、だんだんラクダ色になっていくわけですね。お皿にのったモグサの画像はネットからお借りしました。

実際にラクダ色になるまで作ったことないので楽しみです。

 

こんな感じでお灸の元、モグサになっていくんですね~

 

面白いし不思議ですよね。

 

 

で、ですね。余ったヨモギですが、こんな使い方ができます。

 

画像はふるいにかけた時に出たヨモギ粉と余った乾燥ヨモギを小さい袋に入れたものです。

 

ヨモギ粉は、草餅やパン、ヨモギ茶他、色んな料理に使うことができます。乾燥ヨモギは、お風呂に入れてヨモギ風呂になります。

 

ヨモギは浄血・造血作用、デトックス作用、腸内環境改善、美容効果があるとされています。

 

これはもうやるしかないですよね!

 

結構、簡単にできるので、お時間ある時にやってみてはいかがですか?

 

私はまた、近いうちヨモギ狩りに行こうと思います。

 

 

 

金曜担当、蹴球鍼灸師のばんぶ~でしたー