· 

【食事】疲れた体にはこれを食べて復活させよう!

皆さん、こんにちは。

 

走りに出かけようとしたら、腰が抜けそうになって強制的にStay home の上野です。週間100キロの疲れが出てきたのかもしれません。セルフケアを怠ってはいけませんね。

 

最後に腰回りに効くオススメのストレッチ動画を載せてあるので、どうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/5OJjeHTBSKg

 

さて、

 

今日は、「疲労回復を促す食べ合わせ」を紹介します。

 

リモートワークや、外出自粛、お子さんの世話で思ったように活動できてないと変に疲れますよね。寝て起きてもスカッとしない、身体がダルい日々が続いているかもしれません。

 

そんなあなたに、最強の疲労回復食はこれ!

 

「豚肉」×「トマト」

 

豚肉と豆のトマト煮込み

https://bit.ly/2WHdoMO

レシピはネットからの転載なので、調べて好みをみてくださいね。

 

 

(豆多めです。)

 

僕はレース後の疲労回復のために、前日から作り置きしています。帰宅後すぐ食べ、ベッドに潜り込むと翌日の朝をスッキリ迎えることができます。

 

豚肉には、タンパク質はもちろん、糖をエネルギーに変える際に必要なビタミンB1が食品類でもダントツに多く、その他ビタミン類が多く含まれています。B1は水溶性のため焼いて置いておくと、肉汁に出てしまいます。また一度に沢山摂取しても尿として排泄されます。

 

かけ合わせるトマトには、抗酸化力の強いリコピンを始めビタミンC、ビタミンE、カリウムなどが含まれています。

 

豚肉に含まれる鉄をトマトのビタミンCが吸収を促進し、赤血球の働きを補います。

 

ビタミンCもまた水溶性です。

 

一緒に煮込むことによって、全ての栄養素を余す事なく食べれます。

 

よくビタミンCは熱に弱いと耳にするとおもいますが実際はそうではなく、加熱することで水に溶け出してしまいます。

 

野菜中のビタミンCが加熱時間が長くなればなるほど含量は減っていくことで、熱に弱いと誤解が生まれたのかもしれません。

 

豆のほかに、ニンニク・ショウガ・人参・玉ねぎなど具沢山にすると野菜の甘味が引き立ち、野菜が苦手なお子さんも喜んで食べてくれるでしょう。

 

今日という1日を笑顔でいられますように。では。

 

腰、股関節の柔軟性を上げるストレッチ動画です。1分ちょっとです!

https://youtu.be/5OJjeHTBSKg