· 

【東洋医学】体の不調の原因となるもの

東洋医学のちえぶろぐ vol.98
「やっぱり、おけつ」

こんにちは。ばんぶ〜です。

今回のブログを書きながら、何年か振りにポテチを食べました。ホントに手が止まらなくなるんですね。プルプルプル(*⁰▿⁰*)

体の健康に関する事を書きながらポテチを夜な夜な食べる…もう罪悪感が気持ちいいです(°▽°)
無添加とか国産という文句に少し罪悪感を減らす作戦でこのポテチを選びました。。。



そんな状態ですが、

今回は、誰でもできる「瘀血」に対するお灸でのアプローチです。

ちなみに「おけつ」と読みます。

やっぱり、瘀血だと思うんです。大体の体の不調の原因て…。

特に女性の不調。

もちろん、それだけではありませんけど。

「瘀血を制するものは、身体を制する」みたいな言葉があるくらいです(嘘です、私が思っているだけですが、と言ってもあながち嘘でもないかな)。

これも瘀血です。吸角(カッピング)ですね~

・ん?そもそも、瘀血って何なのか?

瘀血とは、「気」「血(けつ)」「水(すい)」のうちの血が滞った状態の事を言います。(気血水は、体を構成する大事な三要素)

現代医学的で言うと、うっ血や血行障害があるところ。

自分の体で硬いところで、そこを押すと痛いところ。押すと気持ちの良いところは瘀血ではありません。

肉離れ後の硬くなっているところもそうですね。

手術による癒着も瘀血。

唇や舌が紫色の人は体に瘀血があります。

瘀血は血に関わる事なので特に女性が影響を受けやすく、瘀血があると「血瘀(けつお)」という病気になりやすいんです。

何度も言ってますが、女性特有の疾患は瘀血が関わっている可能性大です。

前回、お話しした帯状疱疹(←ポチッとすると見れます)も瘀血からの血瘀と言っていいと思いますね。

血瘀になると、色々と厄介なので早めに対処しといた方がいいんです。

特に今のように家にいる時間が多く、運動もしていない、ストレスも溜まる状態だと瘀血が出来やすく、血瘀にもなりやすいので気をつけないといけません。

中々、外には出られない、出たくないという方には自分で出来るお灸がオススメです。

瘀血対策のツボはこちらです。

太衝(たいしょう)

三陰交(さんいんこう)

血海(けっかい)

内関(ないかん

画像はせんねん灸さんからお借りしました。

 

このツボにお灸をしてください!


※押して痛みのあるところでもOK!

 



タバコをよく吸う人や不摂生をしている人、仕事が多忙な人、ストレスのある日常にいる人、夜な夜なポテチを食べる人wは瘀血になりやすいですし、お灸の効果も半減します。

なかなか難しい事ですが、まずは日常生活のスタイルから改善できるといいですね。

そもそも今の状況だと日常すら日常ではありませんが(T . T)

私も、またしばらくポテチをやめるので皆さんも一緒にがんばりましょう!

金曜担当、今日も自宅から、ばんぶ〜でしたー