· 

【トレーニング】スクワットpart7 「股関節曲げるには〇〇がポイント!!」




どもども最近、顔のキズが増えている三谷です。

 

なぜかって?


現在11ヶ月の娘と一緒に過ごせる


時間が長いので、

 

娘は私と居れて嬉しいんでしょうね。

 

私が顔を近くによせると、


顔を引っ掻きまわしてきます笑


ちなみに嫁にはそんな事、一切しませんが


うん。きっとこれは、愛されている証拠


で、で、ですよね?笑





そんなわけで、前回股関節を曲げるためには


「ヒップヒンジ」がいいですよー!


とお伝えしましたが、いかがですか?


やってみました?

(前回のお話はこちらから)



それで、うちの嫁にもやってもらったんですけど、


なかなか上手く出来ないんですね。


こんな感じになってしまうんですよね。







動画では「膝が曲がりすぎるパターン」と、


「足の指が浮いてしまうパターン」を


紹介しました。



うちの嫁は、足の指が浮いてしまうパターンなんです。


みなさんはいかがですか?


「膝が曲がるパターン」


「足の指が浮くパターン」


共通して言えるのが、


実は「背すじ」が真っ直ぐに、


伸びてないんです。


こことても大事なとこで、


股関節を曲げるためには、


「背すじ」がポイントなんです。


というかめちゃくちゃ重要!!


股関節を曲げてる最中に腰が反り過ぎたり、


逆に丸まり過ぎるんですね。


そうなると股関節は曲がりづらくなります。


ではどうしましょうか?

その場合、上の画像のように


棒などを後ろで持ち(持ったイメージで)、


棒が頭、上背部、お尻の3つのポイントに


付くように姿勢を取ります。


そこからその姿勢を維持したまま


股関節を曲げると、感覚つかみやすです。


頭が棒から離れたり、上背部が離れたり、


もしくはお尻が離れてる時は


背すじが真っ直ぐになってません。



そもそも「ヒンジ」とは


蝶番(ちょうつがい)の事。


股関節から曲げる・折れるはずなのに


腰から曲がったらダメですよね。



さぁ、あとは練習あるのみ!!


そして、「ヒップヒンジ」のコツが掴めたら、


また「スクワット」やってみましょう!


以前とは違う感じでスクワット出来ているはず。


より足裏全体で地面を強く踏めて、


そこからおしりを使って、


立ち上がっている感じがあればOKです。



いかがですか


ぜひお試しくださいねー!