· 

【健康】食を通して体を考える。

皆さん、こんにちは。

 

何年ぶりかに歯医者に罹ったら、睡眠中に歯軋りしていますよって言われた上野です。

 

犬歯(前歯から3つ隣)が尖ってきたら要注意です。老い先、歯が平らになってしまいますよ。

 

さて、

 

神奈川県から発表された不要不急な外出自粛により、家に篭っている時間が長くなっています。

 

人の密集しやすい飲食店にも行かなくなりました。

 

自ずと外食が減り、中食・内食が増えていることでしょう。

 

外食が減るという事は、意図せず食べていた食事が自分のタイミングと量にコントロールできているはずです。

 

そこで皆さんは自炊されますか?

 

僕は、前に話した通り、現在ペスクタリアンをしています。

 

野菜、魚を中心として食し、牛・豚・鷄肉を食べない生活です。

 

タンパク質は主に魚、豆、卵から摂っています。

 

コストを考えると肉より悪くなりますが、

 

肉の中に含まれる動物性脂質が、体調の変化に大きく影響していることを知ってからは避ける理由ができました。

 

大きな問題の1つはこれです。

 

脂質の融点の違い。

http://www.agr.okayama-u.ac.jp/amqs/josiki/23-9504.html

 

冒頭に話した歯軋りですが、原因は大きく2つ言われていて、「噛み合わせ不全」と「ストレス」だと言われています。

 

このストレスて広い意味合いで使われ、外から受ける物理的、化学的、肉体的ストレスと、

 

内からの精神的ストレスに分けられると思います。

 

この中に、内蔵が疲れて受けるストレスも含まれています。

 

脂質の融点が高いと自然に分解が出来ないため、酵素がより働かなければならず、

 

結果多くのストレスを受けることに繋がります。

 

外食が減り飲食店の経営が大変な時でしょうが、自炊することによって自分の体を考える時期でもあるような気がします。

 

と言っても、美味しいご飯屋さんが無くなるのは悲しいことなので、一刻も早い収束を願うばかりです。