· 

【時事ネタ】やるせなさをどう昇華させるか?

こんにちは。

自粛ムードに飽きあきしちゃって、再出発の号令が何時かかるのか心待ちにしている上野です。

 

この大会だけはやるだろ!と鷹を括っていた3月末のトレイルレースも中止になりました。

 

さて、

 

どこもかしこも自粛ムードで、東京ディズニーランドにUSJ、宝塚歌劇団も活動を中止し

 

当院が場所を使わせていただいているセントラルフィットネスクラブも1週間休館でした。

 

人が集まるところは、クラスター(感染拡大に繋がる)ということでの決定でしょう。

 

ところで皆さん、どんな事、物でも目的を持って利用しているはずです。

 

現在の新型コロナウイルス流行によって、その矛先が不明瞭な霧の中に向けていることに

 

やるせなさを感じていることだと思います。

 

今手に入る情報を照らし合わせて、コロナに罹りやすいと示されている年配の方や

 

持病のある方は特にやるせなさを感じていて、外出したくても出来ない方が多いと聞きます。

 

何故このような状況なのかを、僕なりに考えると、やはり正確な情報がないことが大きく起因しているようです。

 

SNS(ショートネットワークサービス)の発達で誰でも情報を共有できる反面、

 

多くのフェイクニュースが飛び回っていて、どれが正しくて、間違っているかを判断するのはそれを受け取った側、

 

個人に委ねられています。

簡単に判断できないからこそ、間違った情報に流されてしまい、買い占めや差別に繋がってくるんじゃないでしょうか。

 

やるせなさは不確実な情報の中から生まれ、皆さんが惑わされることによって増大しています。

 

きっぱりこれは禁止と言われるのも具合が悪いので、フェイクニュースも含み情報を得た上で、

 

自分の声に従いしたいことを優先的に行うことによって、このやるせなさは無くなっていくんじゃないかなと考えています。

 

何をやっても良いという解釈ではなく、

 

今置かれている状況のなかで最善の行動が現状を打破する方法なんじゃないかなと。

 

なので、僕は休みの間走っていました。

 

そして大会が中止になった今も走り続けています。

 

今、これがしたい事だからです。

 

あなたはどうしますか?