· 

【東洋医学】恐怖心

東洋医学のちえぶろぐ vol.93
「ウィルスより怖いもの」

金曜のばんぶ〜です。
何が怖いって、地球上で一番怖いのは人です…

最近のコロナウィルス騒ぎで特に思います。

未知の物に対しての恐怖心がその人の持っている闇の部分を引き出すのか、それとも色んな事のリミッターが外れてしまう事でおかしくな行動を取ってしまうのか。

東洋医学において、物事に対して必要以上に恐れる事で影響を受ける臓腑は「腎」です。

腎は生命力の源です。

恐れすぎる事で腎が消耗してしまうと免疫力も落ちてしまいます。


正しく恐がる、怖れるというのは未知の物に対しては難しいかもしれませんが本当に怖いものは何なのか、という事を考えてから行動をした方がいいかもしれませんね。