· 

【膝関節】鵞足炎とは

こんにちは!

火曜日ブログ担当の露口です。

 

膝関節について紹介して今回で三回目ですが、今回は鵞足炎について紹介していきたいと思います。

鵞足炎ですが、前回紹介した半腱様筋とも関係があるということはご存知でしょうか?

鵞足炎の場合、膝の内側で、膝のお皿(膝蓋骨)の下の方に痛みが出るのが特徴です。

実はこの痛みが出る部分には、ある三本の筋肉が停止している付着部があるんです。

その付着部で炎症が起こることで痛みを感じていることが多いのが鵞足炎なんです。

 

この三本の筋肉の骨への付着の形が鵞足に似ていることから鵞足炎と呼ばれているんです。

三本の筋肉とは

縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つです。

なんとなく、筋肉の付着で炎症が起きているというのは分かってもらえたと思います。

では、そもそもなぜ、炎症が起きてしまうんでしょうか?

この答えは不自然な所に捻じれが起きてしまっていることにあるんです。

 

その捻じれが起こっている場所に関しては次回のブログで紹介していきます。

是非ご覧ください。