· 

【ATミニ】寝ている時に電気治療できる?

突き指をしたことはありますか?
突き指をしたことがあるという方はどんな処置をしていますか?

今回は突き指に対してATミニという機械を使って治療したことを紹介していこうと思います。

 

突き指は誰にでも起こりえるケガである程度の方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

突き指といっても軽視しているとさらなる大きなケガに繋がる場合もあるので注意が必要なんです。

これは左手の写真ですがどこがケガをしているのか分かりますか?

 

少し見えにくいかもしれませんが、薬指の第二関節の部分に内出血痕があります。
負傷後9時間程度経っている状況です。

 

内出血痕があり、腫れもあるので一見【骨折】のようにも見えますが、レントゲン検査では骨に異常はありませんでした。
突き指で内出血が起こるのは珍しいと思うかもしれませんが、軟部組織を損傷してしまうと突き指でも内出血してしまうんです。

 

ケガをした時の状況は、体育の授業中バスケットボールのパスを取ろうとした時にケガをしたという定番のような突き指する状況ですね。指を曲げるのが痛く、内出血がある為、突き指した時に指を曲げる筋肉を少し損傷したようです。

体育の授業中ということで、この指を痛めた患者さんは中学生の女の子なんです。

 

ATミニという機械はマイクロカレントという微弱電流をケガをしている所に流して早期回復を促す効果があります。

ATミニの事を簡単に紹介すると、無痛無感の電気治療器です。

無痛無感ということで、言葉の通りですが電気が流れていても感じない・痛くないんです。

そんな電気治療器意味あるの? と思う方もいるかもしれませんが、ちゃんと効果があります。

無痛無感ということで、どんな時でも電気治療ができるんです。

どんな時でも・・・例えば【寝ている時】でも可能なんです。

 

ということで、今回寝ている時にだけATミニを指に付けるという治療をしました。

ATミニについて詳しく説明するとブログが長くなってしまうので、ATミニについては次回改めて紹介させていただきます。

2日目の朝の状態です。

内出血痕が少し引いたように感じがありますが、まだ少し腫れていました。

2日目の夜の状態です。

キネシオテープで軽く固定して一日過ごして、内出血と腫れが朝よりも引いていました。

でも、まだ内出血が診られます。

今夜もATミニを使用して寝てもらいました。

3日目の朝の状態

大分内出血も腫れも引いてきました。

関節の動きもある程度問題なく動くので、今日からはキネシオテープを使わずに生活をしてもらいました。

 

ATミニを使用して3日間だけの経過ですが、内出血と腫れが予想よりも早く引いた印象です。

当然、状態によって効果はまちまちですが、何もしないよりは効果ありそうな感じしませんか?

今回患者が中学生の女の子だったのですが、寝ている時に電気治療をしても気にならずに普通に眠れたようです。

なので、寝ている時に電気治療をすることに抵抗がある方でも問題なく使用できると思います。

 

セントラル接骨院東戸塚でATミニのレンタル・販売も取り扱っていますので、気になる方はスタッフまでお問い合わせください。

 

今回撮った画像は全てわたし露口が撮影したので、色々と見えにくくなってしまいました。

申し訳ありません。

写真を撮るのって難しいですね!次回撮る時はもう少しうまく撮れるように頑張ります!w