· 

【身体の動かし方】痛くなく歩くには

皆さん、こんにちは。

寒くなると増える体重、今だけは許してもらえると信じている上野です。

寒くなると蓄えたくなる本能です。徐々に元に戻りつはあります。

 

さて

 

前にこのブログで「ASIMO」について触れました。

 

歩いている姿を思い浮かべてください、私の歩き方ASIMOくんに似ているかもと気になった方に質問です。

 

歩いていてどこか痛くなりませんか?

 

どこも痛くもない方は、ASIMOくんの様な歩き方をすると必ずどこかに違和感を覚えます。

 

腰や膝あたりが多いかなと。

 

なので、似た歩き方になっている方はどこか痛いはずです。

 

ASIMOくんは関節部分に圧力を感じる機能がないため、常に関節を固めるように使います。

 

膝はやや曲がりぎみですし、腰も落ちているように見えますよね。

 

そこは機械なので、人間の関節のような柔らかさはなく負担をかけても良いように動かしています。

 

もちろん金属で出来ているので、充分な強度があります。

 

人間の場合は、骨格を靭帯で繋いでいて、金属を含む人工関節に変えたところでどこかは骨と繋がっています

 

なので強度は出せません。

 

ちょっと話が逸れましたが、痛くなく歩くためには、関節を柔らかく保ったほうが良いでしょう。

 

そしたら、柔軟性が必要?私昔から身体硬い!て言われる方が難しく捉われてしまいがちですが

 

思うに、

・座った状態で片足をぶらぶら力入れず振れる

・貧乏ゆすりができる

 

膝から下の動き2点だけですけど、クリア出来れば関節を柔らかく保っていられるのではないかなと。

 

Let's try!!!