· 

【東洋医学】喜びすぎると・・・

東洋医学のちえぶろぐvol.81
「感情の変化は五臓に現る」

金曜のばんぶ〜です。

喜びすぎると影響を受ける臓器は何でしょう?

①肝
②心
③肺
④腎


正解は②の心(しん)

喜び過ぎると「心」に影響を及ぼすと言われています。

他の臓では、
怒りすぎると「肝」
思い悩みすぎると「脾(胃)」
悲しみすぎると「肺」
恐がりすぎると「腎」です。







なんでもすぎてはいけないという事であり、感情をコントロールできると病気にもなりにくいと考えてもいいのではないでしょうか。

感情をコントロールと言っても怒っちゃダメ、悲しんではいけないという事ではないので気をつけてくださいね。ただの感情のない人にはなってしまいますからね。

ほどよく怒り、ほどよく喜ぶ、悲しむ…。
ん〜、そんな事できるのは仙人か賢者くらいだと思いますが。

私もそうありたいとは思ってます(思ってない…)が、どうしても無駄に怒ったり悩んだりしてしまいますね^_^;

まだまだです…

 



皆さんはいかがですか?

ちなみに、西洋医学の五臓と東洋医学の五臓の考え方は少し違うのですが、ほとんど同じと考えてもいいと思います。

金曜担当ばんぶ〜でしたー