· 

【体のしくみ】縄跳びと膝痛 part4

どもども水曜担当、三谷です。

 

さあ、縄跳び(ジャンプ)シリーズも4回目となりますね。

 

前回は背中で飛びましょう!膝で飛ぶので膝が壊れます!というお話しでした。

 

詳しくはこちらから

 

実はこれってジャンプだけでなく、 

 

階段から降りる時もそうなんです。

 

片足が着地するときに、背中が機能していると、

 

「土踏まず」と「坐骨(座る時に当たるお尻の骨)」が

 

近づくような感覚で着地出来ます。

 

そうすると衝撃が背中を通って頭まで抜けます。

 

逆に膝を痛める方は、膝で全部衝撃吸収しています。

 

特に下りは怖さもあるので、より体が丸くなりやすく、

 

背中を使う事が難しいという一面もあります。

 

だからこそ、階段を降りる時も背中(みぞおちの裏あたり)に意識、

 

もっというと背中に緊張感を感じながら、

 

降りてもらうと膝の負担が少なくなると思います。

 

ぜひ階段の下りが苦手という方はやってみて下さい。

 
 
三谷