· 

【身体の動かし方】~速く歩くには~

皆さん、こんにちは。

夢はでっかく。来年のトレイルレースのスケジュールを日程未発表なのにもうほとんど完成させた上野です。上手くいってほしい。

 

今日は「速く歩くにはどうすればいいか」という話をしたいと思います。

 

トレイルランニングではフルマラソンのようにずっと走っている訳ではなく、歩くパートもよくあります。

急登なんて走れたもんじゃないです。

 

生活の中でも歩くことは日常茶飯事で、僕が実際診ている患者さんたちとの会話からこんなフレーズをよく耳にしました。

 

・普段歩いてて、よく人が追い越していく。

・以前は健脚に自信があったものの、今は後ろの

 人を気にして歩く。

・脚が前に進まない。 etc...

 

これらは筋力低下、可動域の減少、瞬発力低下、反応の遅れ、視力の問題、姿勢

 

多くの要因が絡み合って起きていることです。

 

どれが一番大事だと思いますか?

僕が思うに、姿勢です。特に頭の高さです。

 

接骨院で毎月発行している

『ゼロベーススタイル』で少し話した「ASIMO」をイメージしてください。

 

姿勢は良いものの常に膝を曲げているせいか頭の位置が低く見えませんか?

 

実際、2011年版のASIMOは2.7km/hでしか歩けません。

ヒトの歩行速度は、個人差があるものの4km/hより速く歩くことができます。

 

そして、上記の速く歩けないと言っている方たちも姿勢が悪く、首が縮まっている状態になっていました。

 

僕が指導したことは、肩甲骨を動かすことだけです。

 

肩甲骨を動かすことによって背筋に刺激が入って首を持ち上げることに繋がります。

 

簡単なエクササイズとしては、ストレッチポールを使う方法です。

 

痛くない範囲で試してみてください。

速く歩ける助けになることを願っています。