· 

【東洋医学】アフリカとお灸の繋がり

東洋医学のちえぶろぐ vol.78
「アフリカの人がお灸⁉️」

金曜日のばんぶ〜です。

今回もお灸の話し。

だいぶ前にも書いた気もするのですが…アフリカでお灸が行われているってご存知ですか?

はい。そうなんです!

お灸をしているんです!

しかも、直接灸!

直接灸というのは艾(もぐさ)を肌に直接乗せて火をつけるというやり方。うまくやらないと熱いやつですね…(^_^;)

昔、おばあちゃんがやっていたのを見たという方も多いのではないでしょうか?

最近は、せんねん灸さんから手軽にお灸ができる物が増えたので直接灸をやっている人は少ないかもしれませんね。

でも、アフリカの人達はやっているんです。

で、なんでお灸をしているかというと、結核の治療の為なんです。
お灸は免疫力を高める事ができるからですねー^_^

日本ではあまり結核は聞かないけど、風邪をよくひく方とか、自分は免疫力低いな〜弱いな〜って思っている方は絶対やった方がいいですよ。

なぜかと言うと食べ物とか飲み物で免疫力を上げるのってレベル高いし(難しいという事です。)結構お金かかるので色々大変だと思うわけです。

これから寒くなり乾燥してくると色んなウイルスが猛威を奮ってきます。
予防注射もいいですが、元々自分が持っている力をお灸で引き上げてみませんかー?

金曜担当ばんぶーでしたー

お灸教室はこちら



モクサアフリカの活動は下記のサイトに詳しく載ってます。
せんねん灸さんのサイトです。
https://www.sennenq.co.jp/moxafrica/