· 

【体の仕組み】縄跳びと膝痛part2

どもども水曜担当の三谷です。

 

前回は縄跳びするときの手の位置で、

 

あなたが膝痛になりやすいかわかる!!

 

 

というお話でした。(詳しくはこちらから)

 

ではここで、ジャンプすると膝が痛いと言う、バスケット選手の話し。

 

ちょっと試しに、縄跳びしてもらいました。

 

すると縄跳びしてるとき、手が体の前にありました。

 

「三谷さん。やっぱりちょっと痛いっす。。。」

 

はい「じゃあ今度は体の後ろに手を置いて縄跳びしてね」と伝え、

 

あるポイントを意識してもらうと、、、

 

「三谷さん!痛くないっす」

 

何回かやってみても痛くないようで、 

 

この動きから競技の動きに応用していき、 

 

実際のバスケの動きでも、

 

ほぼほぼ痛みは無くなりました。

(もちろんこれは膝が器質的に問題がない状態でのお話です)

 

 

その後もその選手、膝痛を訴える事は今のところはないです。

 

それで何をしたか?なんでそうなったのか?というと、、、 

 

そのあたりの話は次回、たっぷりとしていきますね!

 

お楽しみに!

三谷