· 

【歩き方】内股歩きは危ない?part2

どもども水曜担当の三谷です。

 

前回は腰が引けて内股の方は、歩いてる時の着地にものすごく不安定になり、捻挫しやすくなりますよ!

 

実は本来、着地する時つま先は少し外を向くんです。

 

というお話でした。

 

例えばモデルさんが歩く姿をみてもらうとわかると思います。

 

必ずつま先が若干、外を向いてます。

 

イメージでいうと、内くるぶしから足を出す感じですね。

 

そう、内くるぶしを1本線上に乗せて歩くイメージ。

 

逆を言えばそうなるためには、頭の下に腰がないと出来ないんですね。

 

逆につま先が内側向いている方。

 

頭の下に腰がありません。 

 

腰が後方に引けています。 

 

そういった方はまず絶対に、ヒールやブーツ履いて小走り出来ません。

 

残念ながら小走りすると捻挫しちゃいます。

 

あなたはヒールやブーツ履いて走れますか?

 

次回もこのあたりを掘り下げてお話していきますね。

 

 

三谷