ゴーヤーの秘密…実はスーパーフード???

東洋医学のちえぶろぐ vol.65
「ゴーヤーの力」

夏と言えば、ゴーヤー(苦瓜)ですね。違うか…

この野菜ほど好き嫌いが分かれる物もないのではないでしょうか。苦いですからね。それが、またいいのですが…

そんなゴーヤーですが、体にいいっての何となく知っているという方も多いと思うのですが、どのようにいいかってのは意外と知られていないのです。

ゴーヤーは生薬にも使われ、解毒、解熱、抗炎症、利尿作用などがあります。血糖降下作用もあるとか。

未熟果皮はビタミンCが豊富で加熱しても失われない特徴があります。苦味の元である成分は皮膚の老化にも良いそうです。
食物繊維も豊富なので、便通も良くなります。
アンチエイジング野菜であり、健康にも良さそうですね。


スーパーフードと言っても過言ではないかもしれません。

私も、今回調べてみて初めて知ったのですが糖尿病予防効果があるって事には驚きました。

今夜のおかずは決まりましたね!
あっ、ポイントは種も一緒に食べるです!

まだまだ暑い夏、ゴーヤーを食べて乗り切りましょーGOGO‼️YA〜‼️

金曜担当ばんぶ〜でしたー