〇膝にもこんな動きがあるんです!

【 スクリューフォームムーブメント 】

 

この単語聞いたことありますか?

 

 スクリューフォームムーブメント(SHM)

膝関節を伸ばす時に、スネの骨が外側に捻じれるのに連動して太ももが内側に捻じれる という現象です。

 

 

私たちが普段何気なく膝を伸ばしている時に、このSHMが起こっているんです。

SHMに異常が無ければ、膝を伸ばす時・動かすときにも痛みなどは出ませんが

何か異常があると、SHMの動きがスムーズに起こらずに膝を動かすと痛みが伴ってしまうんです。

膝の代表的な疾患でもある『変形性膝関節症』ではSHMが正常通りに起きず、逆に脛骨が内旋してしまっているという臨床データも出て痛みがるんです。

 

SHMが起こる理由は大きく分けて2つあります。

 

①大腿骨と脛骨の曲率半径が違う!

大腿骨には内側にある内顆・外側にある外顆と呼ばれる出っ張りがあるんですが、この内顆と外顆はそもそも大きさが違うです。

内顆の方が大きいことに加えて、関節面が斜めになっていることで、膝を伸ばそうとした時に、脛骨が外旋方向に誘導されてしまうんです。

 

 

②靭帯の緊張

膝関節の中にある、前十字靭帯・内側側副靭帯・外側側副靭帯は通常弛緩していますが、膝を伸ばそうとした時はこれらの靭帯が緊張することで、脛骨の外旋運動を誘導しているんです。

そもそも靭帯は、年齢が60歳を過ぎると弛緩しやすくなり、膝関節の靭帯が弛緩すると、膝を伸ばした時に脛骨が内旋してしまうんです。

 

 この2つがスクリューフォームムーブメント(SHM)が起こる大きな理由になります。

冒頭でも少し紹介させていただきましたが、SHMと『変形性膝関節症』には関係があるんですが、その紹介は次回させていただこうと思います。