暑さと湿気

東洋医学のちえぶろぐ vol.63
「暑い熱い夏に向けて」

 

暑くなってきましたね。

ほぼ梅雨が明けたと言ってもいいのではないでしょうか。

これから気をつけたいのは暑さと台風、あと湿気です。

前回は、冷えと湿気の話をしましたが、今回は暑さと湿気(熱と湿気)の事を少しお話ししたいと思います。

熱と湿気の合わさったもの、これを「湿熱しつねつ」といいます。

これからの時期、この湿熱が悪さをする事によって起こる症状は熱中症です。

ご存知の方もいると思いますが、熱中症って湿気が高いと更になりやすいんです。
なぜかというと身体の中に湿気が侵入すると、滞りを生むので体の巡りが悪くなり、その結果、熱を発散できなくなるんです。

湿気が身体に侵入しても、それに適応して体を巡らせる事ができる人は、そこまで影響を受けません。

で、湿気だけだったら体が浮腫むとか、なんだか体が重いくらいの症状で済むのですが熱が加わるとちょっと厄介なんですよね。

この湿熱の影響を受けやすい人は、普段あまり汗をかくような運動をしない人、胃腸の調子が悪い人、甘い物が好きな人、お酒をたくさん飲む人、味の濃い物や油っぽい物が好きな人、です。

いくら、水分を摂っても熱中症になる人はなっちゃいます。

その場凌ぎではダメなんですね。普段から体の巡りが良くなるような事、湿気の影響を受けにくい体作りをしていかないといけないんです。

これって、他の事にも当てはまりますが…

まだまだ、間に合います。今日から変えていきませんか?

いつでも、相談乗りますよー

金曜担当ばんぶ〜でしたー