身体の動かし方~痩身の骨①~

こんにちは、上野です。

いきなりですが、タイトルの「痩身の骨」って何て読むかわかりますか?

 

やせみのほね=ミイラ?と読んでいました。少し無理有りますね。(笑)

 

答えは、「そうしんのこつ」と読みます。

 

どうやって減量していくかという事ですね。

 

夏直前で焦っている方に短期間で痩せれる方法と

 

秋から始まるマラソンシーズンに向けて、長期間をかけ徐々に目標体重にする方法を紹介します。

 

まず短期間で痩せる方法は、糖質を避ける方法です。

 

炭水化物ではなく糖質です。

 

炭水化物とは糖質と食物繊維の総称として扱われていて

 

吸収の速い糖と分解されずエネルギー源とならない食物繊維に分けられます。

 

一日の総摂取エネルギーの内約60%を糖から摂取していると言われ

 

糖を避けるだけでかなりの摂取カロリーを削減出来ます。

 

例えば、朝食のパンを食べなかったり、夕食のご飯をなしにしたり、間食をなくしたりと。

 

そうすることによって、一時間分の運動で消費するカロリーは減らせます。

 

これだと簡単に目標体重、夏に間に合いそうでしょう?

 

ただ大きな落とし穴があって

 

短期間で痩せる=短期間しか痩せない

 

この方法を始めて一ヵ月たった頃、再び体重計に乗ると基あった体重に戻っているはずです。

 

糖は細胞に吸収される際、水と共に取り込まれます。

 

その摂取を減らしたことによって、水分の吸収が落ち、体が脱水状態になったため体重が減ったからです。

 

体組成の60%は水です。体重が60キロあるとして含まれている水分は36キロです。

 

一割でも減らせれれば約4キロの減量に成功します。

 

短期間に限定して痩せたい方は試してみて下さい。

 

この魔法の効き目が切れる頃には夏が終わっているので安心あんしん。

 

次回は、秋から始まるマラソンシーズン、本気で痩身したい方に向けてです。

 

※提供された情報によって起きた問題は一切責任は受けません。あくまでも自己責任で参考にしてください。