チアリーディング

今日は【チアリーディング】のお話です。

 

チアリーディングといえば甲子園など各スポーツの応援としても欠かせない存在となっており、最近では映画やドラマにもなり競技希望者が増えているスポーツです。

 

競技では『スタンツ』という組体操のようなパフォーマンスを中心にアクロバティックな演技を披露します。

 

この『スタンツ』が演技中特に負荷のかかる危険度の高いものとなっています。

 

 

一番下がベースとなり、一番上にいるトップを飛ばしたり掴んだり支えたりします。

また、ベースの手伝いをするスポットというポジションがあります。

競技中一番注目されるのが、一番上に位置するトップというポジションです。

宙返りをしたりと観客を魅了するポジションですが危険度も高い。だからこそベースやスポットは欠かせない存在となります。

 

一歩間違えば大怪我も予想されるチアリーディングですが、一番多いのは足関節の捻挫です。

 

競技中はジャンプも繰り返し行われますし、確かに多そうですよね

 

チアリーディングって一見体が柔らかそうにみえますが、全員が柔らかいというわけでもなく、またベースやスポットは支えの役も担うため筋力トレーニングも欠かせません。

 

トレーニングをしたり食事制限があったり裏では大変な努力をしていますが、お客さんを笑顔にしたい、選手を応援したい、そんな気持ちで競技をしているチアリーダーたちを私たちも応援したいですね。

 

 

次回は【新体操】です。