車の渋滞と身体の渋滞

東洋医学のちえぶろぐ vol.53
「渋滞も旅のスパイス」
 
令和3日目←使ってみたかった^_^;
 
おはようございます。
GW後半入りましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?休みを持て余していませんか?
 
私は、昨日休みを頂いて少し出かけてきました。
 
当たり前なのですが、クルマで出かければ渋滞します。出発が遅れるとなおさら…
なんとか空いてる道をグーグルマップとかで探してもGWの洗礼は受けますよね。
 
私の場合、そんなに遠出はしなかったので幸いにも行きは大丈夫でした。
 
楽しんだ後の帰りはというと…
 
グーグルマップで見ると中々の混み具合…夕飯を食べているうちに更に…^_^;
半分以上諦めてベストの道を選択した結果、通常の走行時間より1時間半くらい長くかかったくらいですみました。
 
で、家に着く少し前に名言が生まれたんです。
 
「渋滞も旅のスパイス」
 
すいませんm(_ _)m
ものすごく長い渋滞にいる方にとっては、アホかって感じですよね。
今回は、近場だったからそう感じたのかもしれませんが、渋滞にハマったからこそ旅行に行った感が出た気がしました。
スパイスなので人によっては合わない場合もありますが…。
 
ちなみに、私は名言だと思っていましたが家族は引いてましたね(T . T)
 
ここからは少し真面目な話しで、渋滞している時って、身体の中でも色んな渋滞が起きるんです。
それが「気」や「血けつ」「津液しんえき」の渋滞
 
気が渋滞、すなわち滞るとイライラします。
血が滞ると身体のどこかが痛み、津液が滞ると浮腫みます。元々、その人が持っているもので滞りかたは変わってきます。
渋滞にハマった時、これらをいかに渋滞させないかが重要になりますので、気にしてみてください。
 
それでは良い連休を〜
 
金曜担当ばんぶ〜でした。