芍薬甘草湯の・・・

東洋医学のちえぶろぐ
「漢方薬の68番」

今や足をつりやすい人には、欠かせない物になったツムラの68番こと芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の話しを少しだけ。

ある有名なドクターがテレビで発信してから爆発的に世の中に広まっていきました。

寝ている時につってしまう方は、枕元に置いているのではないでしょうか?
長距離のレースを走る時に携帯している方もいますね。

私は使った事がないので分からないのですが、本当に効くみたいです。

でも…

漢方は副作用がないって思っている方って意外と多いんですよね。

芍薬甘草湯も薬なので、副作用はあります。特に注意喚起してるのが、心疾患があり利尿薬やワーファリンを内服中の方です。
他にもあります。
病院などでは、副作用についてあまり説明してくれない場合が多いです。同封の薬の説明書に書いてありますが読まない人って多いんですよね。

本当は自分で色々調べた方がいいのですが、それが面倒な方は、薬剤師さんに聞いてみるといいと思います。 
でも、なんで足のつりやすい人とつりにくい、つらない人がいるんでしょうね...。その辺の話はまた・・・。

金曜担当ばんぶ〜でした。