身体の動かし方~1秒を削り出す~

こんばんは、上野 陽貴(うえの あきたか)です。

 

先日「2019板橋Cityマラソン」に参加してきました。

今シーズンラスト、平成最後のフルマラソン。(僕が参加する大会でです)

 

マラソンシーズンは大体10月から3月までを言います。その中で2本のレースを入れていました。

12月開催の湘南国際マラソンと、3月の当大会です。

 

今シーズンの目標は"サブ3" 

サブ3とは、42.195キロを3時間内でゴールすることです。

 

12月の湘南国際では、15キロ地点までサブ3ペーサーに着いていくも

その後集団で走る憂鬱さでペーサーを抜き30キロ地点で撃沈しました。

 

その時のブログはこちら>>>https://goo.gl/u4MSn1

 

 

湘南国際での猛反省とサブ3達成を信じ練習しました。

今までした事の無い30キロのペース走、皇居3周のビルドアップ走、そしてランニング技術の向上、ゼロベースドリル。

こんな真剣にランニングについて取り組んだことはなかったです。

 

相変わらず距離は走りませんでしたが、練習した事を信じ、いざ板橋へ。

 

板橋は風が強く吹く事で有名でしたが、当日は快晴の追い風。まさしくベストコンディション。

 

「ゼロベースランニングクラブ」の皆さんとハイタッチをしてスタートに向かうんですが

ここで出さなきゃどうするんだってぐらい精神的に追い込まれていました。

 

スタート後終始4分15秒のイーブンペースを心がけ、最後10キロで4分ペースと配分していました。

ただフルマラソンは甘くなく、最後の10キロが思うように上げれられない。

 

これヤバイなと頭をよぎったんですが、まだ諦めなれない、40キロ過ぎた辺りからダッシュ

ゴール手前で応援していた高岡さんに更に発破をかけられ猛ダッシュ。

 

結果

 

2時間59分59秒(ネット)

 

1秒切りました!!

 

ネットと書いたのは自分がスタートゲートを過ぎてからゴールするまでを言って

号砲が鳴ってからゴールを切るまでのグロスではないので次はグロスで切りたいです。

 

応援していただいた方、ボランティアの方、ゼロベサーありがとうございました。