〇肘の外側が痛いのはテニス肘?ゴルフ肘?

肘が痛い! 特に肘の外側に強い痛みが出る!

それ、『テニス肘』かもしれませんよ!

 

テニス肘は手首を酷使することで肘に痛みが出てくる症状を指します。

手首を使うということで、テニス以外のスポーツでも起こりますが、テニスをしている方の発症割合が高いことから『テニス肘』と呼ばれるようになったそうです。

このテニス肘の正式名称は『外側上顆炎』(がいそくじょうかえん)という肘の外側の筋肉に起こる炎症です。

今回はこの『外側上顆炎』について紹介していこうと思います。

手首を酷使することで肘の外側に炎症が起こり、痛みを感じる症状が外側上顆炎の特徴ですが

なぜ、手首を酷使すると肘の外側に痛みを感じるのでしょうか?

手首を酷使しているなら、手首そのものに痛みが出てくる方がスムーズだと思いませんか?

上の図は右肘を外側から時の筋肉の走行を表しています。

図では短橈側手根伸筋と総指伸筋という二つの筋肉にフォーカスを表しています。

筋肉の詳しい名前を覚える必要はありませんが、この2つの筋肉に共通点があるのですが、どこか分かりますか?

それはどちらの『伸筋』という名前が付いているということです。

 

伸筋とは手首・指を伸展(手や指を手の甲側に挙げる動き)させる筋肉のことです。

つまり、手首や指を伸展させる動きをしている筋肉は、手首の所に歩いてわけではなく

これらの動きをしている筋肉は、『肘の少し上』からはじまっているんです。

 

筋肉を酷使して使いすぎると、筋肉の動きが悪くなったり炎症を起こしてしまいます。

こんな状態になった時に、私たちは痛みを感じるんです。

 

よく痛みを感じる所として、肘の少し下の骨が突出した所が多いかと思います。

『筋肉は肘の少し上から出ているのに、痛みは肘の少し下で感じるの?』 疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

その疑問に対して簡単に解説いたしますね。

 

痛みが出る時は、筋肉の動きが悪い・炎症が起きていることが多いのは先ほど紹介させていただきました。

この状態の筋肉だと、丁度肘の下の骨がゴリゴリした部分である橈骨頭(とうこつとう)の付近と擦れてしまう為

肘の少し下の方で痛みを感じるんです。

テニスなどのラケットスポーツでも痛める事が多いですが、他にもフライパンなどを使った料理の時や、編み物など指先の細かい作業の時などでも同じ所に痛みを感じることがありますので、『肘の外側に痛みが出て気になる』という方は一度当院へお越しください。

 

当院の『ハイボルテージ』(電気治療器)は、今回紹介した外側上顆炎(テニス肘)に対して、効果的にアプローチすることができます。今まで低周波などは受けたことがあるという方は多いかと思いますが、『ハイボルテージ』を受けたことがあるという方は少ないのではないでしょうか?

ハイボルテージを受けたことがなくて、肘の症状でお悩みのあなた!

是非一度、体験してみてください!

100%改善します! とは言えませんが、初回のみハイボルテージは無料で受けられます。

効果が実感できたら、次回以降ハイボルテージを取り入れた治療をしていきましょう!

 

これから、暖かくなるとスポーツなどをする機会も増えるかと思いますので、いざ体を動かそうとした時に動ける体にしておきましょう!