人の身体はブラックボックス

東洋医学のちえぶろぐ vol.47
「人の身体はブラックボックス」

人の身体は分からない事だらけ。

未だに原因不明の病気や身体の痛みはあとを絶ちません。

検査機器の性能が上がれば上がるほど、逆に原因不明のものは増えている気がします。

人は、その不調の原因が分からないのが嫌なので、病名を探し求めます。

病名が分かると、その病気の治療法が確立していなくても安心するんですね。

慢性とか、老人性って付く病名は大体原因の分からない、とりあえず病名だと思っていいでしょう。他にもありますね。

薬をもらえると安心するし、もらえないと不安になる人もいます。

薬をもらえないと怒る人もいるそうです。


じゃあ、どうすればいいの?ってよく聞かれます。

でも、大抵の人は自分で聞いているのに、アドバイスしても、実行する人は少ないんですよね。

なぜ、やらないのかは原因不明です(^_^;)

これが、人の身体はブラックボックスと言われる理由だと思います



最後まで読んで頂きありがとうございます。

金曜担当ばんぶ〜でした。