身体とこころpart3

どもども水曜担当の三谷です。

前回は「口」から息を吸うのが楽と感じているときは、頭と身体のバランスが崩れていますよ! 

そしてから息をしやすいということは、猫背になって硬直していますよ!というお話しでした。
 


今回はその続きです。
 

猫背で目一杯深呼吸しようとしても、残念ながら首や肩に力が入るだけです。

 

さらに、酷くなると顔が火照ったり手足が冷えてきたりと。
 

そう、まさにこれって恥ずかしい時、怒る時など顔が赤くなったり、また頭に血が上るという表現がありますよね。 

 

これらの状態がまさに「気が上がる」ということ何です!!
 

身体の中で生じた熱が上に上がるんです。 

 

もちろんこの熱は、質量のない物質なので目には見えません 

 

でも皆さんも、そんな体験あると思います。
 

自分では気づいてなくても、そんな場面になると自然と「口呼吸」になり、そして「猫背」になります。 

 

まさしく息を呑む。吸ってばかりで吐けなくなっているのです。
 

また口は消化器であり、呼吸器ではありません。

 

ここでは割愛しますが、口で呼吸をするとさまざまな病気のリスクが高まっていきます。

前回、前々回の質問で「口呼吸」がまた「猫背」が楽と感じた方。 

 

常日頃、身体は緊張状態・パニックにあります。
 

猫背は良くない!とはわかっているが、いい姿勢をとるのは辛い… 

 

それはいい姿勢について頭で知っているだけで、身体を通して学んでいないからなんですね。
 

 

そんな話しをまた次回以降していきますね。
 


三谷