からだとこころ part2

どもども、水曜担当の三谷です。

 

前回は、背筋真っ直ぐで「鼻から吸って、口(鼻)から吐く」

 

これが1番楽に感じるといいよ!ってお話しでした。

 

今回はその理由を説明しますね。

 

 

まず基本的に背筋が真っ直ぐだと息が通ります。 

 

息が身体を抜けるような感じで気持ちいです。

反対に猫背では物理的にも胸を圧迫することになり呼吸が浅くなります。

 

もっと言うと、途中で息が詰まる感じです。 

 

そう、ちょうど首や、みぞおちあたりで詰まります。

 

詰まると息苦しいです。息苦しい(生き苦しい)から口で吸いたくなります。

 

けれど、吐ききれないから吸えません。 

 

まさしく過呼吸とはこの状態です。

 

実は口から吸う時ってパニックになっている時、もっと言うと恐怖や不安を感じている時とも言えます。

  

 

 

例えば、誰かがあなたをビックリさせようとして、急に目の前に現れた場面を想像して下さい。

 

「ハッ!!」と「口」から息を吸いませんか?

 

その瞬間身体は硬直し猫背になります。

 

 

口から息を吸うのか、楽に感じる方。それは頭では楽に感じいても、間違いなく体は悲鳴をあげています。

 

 

次回も引き続き、「体」と「心(メンタル)」についてお話していますね。

 

三谷