猪突猛進しすぎないように・・・

東洋医学のちえぶろぐ vol.38
「今年は鍼年の予感」
 
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
 
さて、早速ですが同病異治(どうびょういち)という言葉は知っていますか?
 
なんとなく分かる方もいるかもしれませんが、同じ病気だけど人によって治し方が違う、または変えるという事です。
 
人それぞれの体質や性格、感受性などがあるので、それに合わせた治療をするという東洋医学ならではの考え方ですね
 
これは、病気ではなくまず人を診るという事です。
 
症状だけみても分からない事ってたくさんあるんですよね。
身体全身を診て、話して、触れて、感じて、初めて分かる事があります。
 
人を診ると言っても簡単にできるわけではありません。
 
私はまだまだです…
 
今年は、もっと色んな人を診れるように、日々精進していきたいと思っております。
 
今年の抱負?目標?みたいになってしまいましたが、よろしくお願いします。
 
話しは変わりますが、今朝NHKのあさいちで鍼灸漢方の特集やっていましたね。私は録画したので帰ってから見る予定です。
次は1月23日「ためしてガッテン」ですね。
気になる方は、見てみてくださいねー!
 
 
金曜担当ばんぶ〜でした。