· 

身体の動かし方~身体はどうやって動くの?㉗

画像はネットからお借りしております。
画像はネットからお借りしております。

こんはんば、上野 陽貴(うえの あきたか)です。

 

さぼっていた身体の動かし方シリーズを再スタートさせます。

 

ここ数回のシリーズに渡ってサッカーで起きるケガについて書いてきました。

 

一番多いと思われる「足首捻挫」

 

それを予防するためには、股関節の柔軟性が必要なんですよって言ったの覚えていますか?

 

おさらい~

 

・股関節の硬さチェック

椅子に座り、片足を抱えます。

硬いと抱えた足がお腹に着かなかったり、外に逃げてしまいます。

股関節に何かを挟み込んだ感覚があるかもしれません。

 

・股関節のストレッチ方法

片膝立ちになり左右の足を前後に広くします。

体勢を低くし、両足の間に体を沈めるようにして股関節の前をストレッチします。

ヨガのトカゲポーズに似てますよ。

 

お子さんはやっていますか??

 

次に多いケガは、「股関節痛」ではないかなと思います。

 

股関節の前側(ちょうど鼠径部あたり)が痛くなることです。

 

ボールを蹴る際に、股関節を後ろに大きく振り股関節前側の筋肉に伸展力が働き

 

蹴った際は前に脚が行き過ぎないように、股関節に繋がる筋肉でブレーキをかけます。

 

ということは、伸ばされた後すぐに縮まる動きになります。

 

筋肉はゴムのような伸び縮みをする性質があるので、ゴムを伸び縮みさせ続けるとケバケバになるよう

 

筋肉にも小さなキズがついてきます。

 

それを放っておくと、痛みを引き起こす原因になります。

 

ケガをしない→競技力向上

 

につながるのでぜひ股関節のストレッチをしてみてください。

 

質問・相談は随時受け付けています。お気軽にどうぞ。

 

非公開でお答えしていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

火曜日担当の上野でした。