ブルートブルスト 血、足りてますか?

東洋医学のちえぶろぐ vol.27
 
「血、足りてますか?」
 
前回、お話した瘀血対策、
なかなかすぐには出来ないと思いますが、少しずつやっていただけるといいと思います。
 
今回は血虚(けっきょ)ですね。
 
血が虚しいと書いて血虚…
少し寂しい気持ちになりますが仕方ないですね…。
 
以前にもお話ししましたが、血が足りていない状態の事を言います。
 
特に生理により、毎月出血のある女性は血が不足しやすいです。特に産後は血虚になりやすいのです。
 
食生活が乱れていたり、無理なダイエットをして栄養が取れていなくてもなりやすいですね
ハードなトレーニングなどをやりすぎてもなります。そうすると、そのトレーニングもあまり生きてこないのでもったいない事になります。
 
 
血虚になるとチェックシート(前回記載)でAのような症状が起こるとともに、精神的に不安定になる事もあります。
 
そんな、血虚の対策です。
 
1.運動
やっぱり運動は欠かせませんね。でも、血虚の方はやりすぎには特に気をつけてください。
 
2.食事
摂った方が良い物は、赤味肉、豚肉、レバー、黒豆、卵、ホウレン草、アボカド、落花生
 
色の黒い食べ物や赤い食べ物がオススメ。
出来るだけ消化の良いもの、身体が温まる物を食べてください。
 
摂らない方がいい物は、苦瓜・冬瓜・セロリ・豆腐・りんご・スイカ・肉桂・乾姜・唐辛子・胡椒・生もの(お刺身)
 
冷たい飲み物や食べ物、甘いチョコレートは避けた方がいいでしょう。
 
 
3.漢方薬
当帰補血湯(とうきほけつとう)
帰脾湯(きひとう)
四物湯(しもつとう)
 
4.鍼灸治療
すいません。瘀血の時もそうでしたが、やっぱりオススメです^_^
 
 
何回かに分けて、「気・血・水」のうちの血(けつ)の話しをしてきました。
自分の血の状態は把握できましたか?
血にあわせて、気と水の状態も把握できるとなお、良いですね。
水(すい)の話しは以前したので、の話しを近いうちにできたらと思います。
写真は、ブルーブルスト(豚の血の腸詰め)でした。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました^_^
 
金曜担当ばんぶ〜でした。