おけつに注意!対策編

東洋医学のちえぶろぐ vol.26
「おけつに注意 その四」     おけつちゃん
 
しつこいようですが、またまたチェックシート登場!
 
「A」
◻︎顔色が悪く、唇や舌が白っぽい
◻︎立ちくらみやめまいがする
◻︎動悸や不整脈がある
◻︎目が乾いて疲れやすい、目がかすむ
◻︎つめが白っぽくなり、すじが入る
◻︎こむらがえりを起こしやすい
◻︎手足がしびれることがある
◻︎皮膚がかさかさしている
◻︎月経困難症があり、痛むこともある
◻︎月経の出血量が少なく、周期は遅れがち
 
「B」
◻︎顔色や歯茎が黒っぽい
◻︎クマができやすい
◻︎唇が紫色っぽい
◻︎吹き出物や湿疹がでやすい
◻︎シミやそばかすが多い
◻︎皮膚に細かい血管のすじが浮き出てくる
◻︎肩こりがあり、痛い部分を押すと、より痛くなる
◻︎手足が冷える
◻︎舌が紫色や濁った赤色になる
◻︎月経困難症があり、強い痛みがある
◻︎月経の出血量が多く、血のかたまりが出る
 
「A」 個
「B」 個
 
Bが多かった人は、ズバリ「おけつちゃん」です。
 
私は、おけつちゃんだっ!という人はいましたか?
 
瘀血は、血液がドロドロの状態の事です。(ドロドロではなくても瘀血の人はいます)
血液検査では分からない瘀血もありますが、
出来るだけサラサラがいいですよね。
 
様々な病気を引き起こす万病の元とも言われているので、脳梗塞、心筋梗塞にも注意が必要です。
 
脅かしてるようですいません(*_*)
 
今回は、そんな瘀血の対策についてお話ししたいと思います。
 
1.運動
やっぱり運動は外せないですね。
なんでもいいので、出来る事から始めましょう。
まずは、エスカレーターを使わずに階段でもオッケーです。
 
2.食事
甘い食べ物、アイスなどの冷たい食べ物、肉、バターなどは控えた方がいいでしょう。
 
食べた方が良いものは、キノコ類、シソ・セロリなど芳香の葉物、皮の色の濃い野菜(パプリカなど)玉ネギ、長ネギ、ニンニク、ショウガ、シナモン、茄子、ニラ、キクラゲ、パセリ、紅花、酢。納豆、酒粕などの発酵食品。お魚はイワシ、サバなどの青魚がいいですね。
 
すこーしずつ変えていけばいいと思います。
 
 
3.睡眠と不規則な生活
これは、当たり前じゃんて思うかもしれませんが出来てる人少ないですよね
良く寝て規則正しい生活をしましょう。
 
まずは、週に1日から!
 
4.鍼灸・マッサージ
手前味噌ですが、やっぱりオススメです。
 
 
特に、寒くなると瘀血は悪い力を発揮します。
ぜひ、今のうちに対策してほしいです。
 
ランナーネタですが、結構走っているのに冷えがあるという人は、瘀血か血虚が原因かもしれませんよ。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
次回は血虚(けっきょ)の話をしたいと思います。
 
金曜担当ばんぶ〜でした。