おけつの逆は血虚です。あなたは何タイプ

東洋医学のちえぶろぐ vol.25
「おけつに注意 !」その参
 
この間、NHKで鍼灸の特番?みたいのをやっていたそうですね。
バッチリ見逃しましたが、結構見られた方いたようですね。
 
それを見て鍼灸治療を受けてみようと思ったって方が治療に来てくれました。
 
やっぱりテレビの力って大きいなってつくづく思いました。
 
再放送を待ちます。
 
さて、下のチェック表やってみましたか?
 
瘀血度といいましたが、瘀血だけではなくあなたの「血(けつ)」の状態が、ある程度分かるんです。
 
「A」
◻︎顔色が悪く、唇や舌が白っぽい
◻︎立ちくらみやめまいがする
◻︎動悸や不整脈がある
◻︎目が乾いて疲れやすい、目がかすむ
◻︎つめが白っぽくなり、すじが入る
◻︎こむらがえりを起こしやすい
◻︎手足がしびれることがある
◻︎皮膚がかさかさしている
◻︎月経困難症があり、痛むこともある
◻︎月経の出血量が少なく、周期は遅れがち
 
「B」
◻︎顔色や歯茎が黒っぽい
◻︎クマができやすい
◻︎唇が紫色っぽい
◻︎吹き出物や湿疹がでやすい
◻︎シミやそばかすが多い
◻︎皮膚に細かい血管のすじが浮き出てくる
◻︎肩こりがあり、痛い部分を押すと、より痛くなる
◻︎手足が冷える
◻︎舌が紫色や濁った赤色になる
◻︎月経困難症があり、強い痛みがある
◻︎月経の出血量が多く、血のかたまりが出る
 
「A」     個
「B」    個
 
いかがでしたか?
 
Aが3個以上あったら、
あなたは、「血虚(けっきょ)」の可能性があります。
 
Bが3個以上あったら、
あなたは「瘀血(おけつ)」の可能性があります。
 
どちらもチェックが多ければ多いほど、その可能性は高まります。
 
上記に当てはまっちゃった方は、病院で何々病と言われていなくても病気の手前、未病(みびょう)の可能性ありです。
 
脅かしている感じになっている気もしますが、健康診断や人間ドックでは、見るところではないので、セルフチェックの一つとして参考にしてください。
 
血虚の話しをしていませんでしたね。
 
血が足りていない状態の事を言います。
特に生理により、毎月出血のある女性は血が不足しやすいです。特に産後は血虚になりやすいですね。
食生活が、乱れ栄養が取れていなくてもなりやすいです。
血虚になると上記Aのような症状が起こるとともに、精神的に不安定になる事もあります。
ホルモンにも影響しているのかもしれませんね。
 
健康な生活を送りたい、好きな事を長く続けたいという方は、自分が瘀血なのか血虚なのかを知るだけでも価値はあると思いますよ。
 
次回こそ、瘀血タイプの方の対策をお話し出来ればと思っております。
 
ちなみに私は瘀血寄りです(^^;)
 
最後まで読んで頂きありがとうございます^_^
金曜担当ばんぶ〜でした。