おけつに注意!その②おけつ度チェック

東洋医学のちえぶろぐ vol.24

「おけつに注意!」その2

前回は、瘀血(おけつ)の事を簡単に説明しましたが何となく分かりましたか。何となくでいいですので。

もっと、簡単にお話しすると肉離れのようなケガをした後ってその部分に「しこり」みたいのが出来ますよね?

それも瘀血です。
手術の跡も瘀血です。
お腹を押して硬く痛いところがあったら瘀血の可能性有りです。

運動中にいつも同じところが痛む、または張ってくるという方は、瘀血がそこにある場合がありますし、自分で作ってしまっている可能性もあります。


さて、あなたの身体に瘀血っぽいところ、または瘀血っぽい痛みはありましたか?

なかなか分かりにくいと思うので、あなたの身体の瘀血度をチェックしてみましょう。

「A」
◻︎顔色が悪く、唇や舌が白っぽい
◻︎立ちくらみやめまいがする
◻︎動悸や不整脈がある
◻︎目が乾いて疲れやすい、目がかすむ
◻︎つめが白っぽくなり、すじが入る
◻︎こむらがえりを起こしやすい
◻︎手足がしびれることがある
◻︎皮膚がかさかさしている
◻︎月経困難症があり、痛むこともある
◻︎月経の出血量が少なく、周期は遅れがち

「B」
◻︎顔色や歯茎が黒っぽい

◻︎目の下にクマができやすい

◻︎唇が紫っぽい
◻︎吹き出物や湿疹がでやすい
◻︎肌が荒れて、シミやそばかすが多い

◻︎皮膚に細かい血管のすじが浮き出てくる
◻︎肩こりなど、からだの一部がいつも痛い痛い部分を押すと、より痛くなる
◻︎手足が冷える
◻︎舌が紫色や濁った赤色になる
◻︎月経困難症があり、強い痛みがある
◻︎月経の出血量が多く、血のかたまりが出る


「A」 個
「B」 個

いかがでしたか?

おそらく「A」か「B」どちらかにチェック数に偏りが出る思いますが…

次回は、「A」と「B」のタイプの違いとそれぞれの対策をお話し出来たらと思います^_^

お楽しみに〜

金曜担当ばんぶ〜でした!