身体の動かし方~身体はどうやって動くの?㉑~

こんばんは、上野 陽貴(うえの あきたか)です。
火曜日は22時半まで診療していますので、遅めの投稿です。
こないだ尾白川渓谷でトレランをしていたら、小指を思いっ切りぶつけました。
ぼわっと腫れて、内出血はしてないんですが、指を開く動作や触ると痛いのでたぶん折れてます。
走れることは走れるので大人しく走ります。
実は両方の小指の爪がありません。
ぶつけた右小指の爪はもちろん、左も小さい頃に雑菌が入り両方の爪を取らなければなりませんでした。
ところでどうして爪があるか知っていますか?
もちろん指先の保護という役割がありますが
さらに大事な役目が圧力を感じる事です。
何それって思う方が多くおられると思います。
簡単に説明しますと、地面から受ける力を爪で感じ取りバランスを保つという事です。
爪に水虫や変形がある方は、ない方の足に比べて片足立ちがやりつらいはずです。
綺麗な爪になりたい方は、裸足で歩いてみて下さい。気をつけてね。
質問・相談は随時受け付けています。お気軽にどうぞ。
 
非公開でお答えしていきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
火曜日担当の上野でした。