緊急コラム~脱水症状になりました~

こんにちは、上野 陽貴(うえの あきたか)です。
先週また暑さがぶり返してきて、寝づらい夜が続いていました。
朝起きてから、体が怠く力が入らないことがありました。
その前々日飲み過ぎた日があったことを思い出し、案の定脱水症状になっていました。
初めての経口補水液の味は、普通に飲めるでした。
これ体にミネラル、水分が足りて無い証拠です。
普段の水分補給については
「喉が渇く前にとるように、こまめな補給を」と言われてきたと思います。
マラソンなどをしてきて、それはどうかな?
っていうのが私の意見です。
喉が渇いたなと感じるのは、体水分が2%失われた状態です。
2%程度の脱水であれば、人体の生理機能や競技能力は損なわれないので
喉の渇きに応じて、少量の水分をとる方法が良いとおもいます。
成人で1日に必要な水分量をご存じですか?
1日の水分排出量
尿で約1500ml、便約900ml、汗などで約100ml
(便ってけっこう水分含んでいるんですよ)
合計2500ml
つまり1日2500ml以上摂取する必要があるわけです。
食べ物や代謝からも水分摂取できるので、飲料水としては1500ml以上取る必要があります。
もちろん汗かきの方はこれ以上に必要なわけです。
 
寝ている間に300mlも体から水分がでていくと言われています
すると毎朝、軽い脱水状態で目を覚ましていることになります。
具体的には、細胞や血液の水分が不足した状態になっているため、血液がドロドロになり、尿も濃くなります。
そこで睡眠前にコップ1杯の水を摂ることを勧めています。
夜中に尿意で起きてしまうのではないかと心配される方が多いと思いますが
それは、下腿に溜まっていた水分が横になることによって
体の中心に戻ってくることで起こる場合がほとんどです。
就寝前のゴキブリ体操をしてみてください。
やり方は簡単です。
仰向けになり、手足を挙げぶらぶらと15秒ほど揺らしてください。

 

それにしてと暑い日に飲むビールは格別です!