いい加減

東洋医学のちえぶろぐ vol.20
「ちょうどいいってってどれくらい?」
 
金曜担当ばんぶ〜です。
 
台風一過で暑くなるかと思いきや思ったより涼しい。
 
でも、今日もTシャツ替えまくりの予感しかしない金曜担当のばんぶ〜です。
 
さて、今年の夏のように暑さが度を越していると、やっぱり辛いですよね?
 
でも、寒いのも嫌ですよね?
 
そういう人はハワイあたりに引っ越していただくと良いかもしれません(笑)
冗談はさておき、なんでもちょうどいいのが理想ですよね。
 
暑からず寒からずとか、広すぎず狭すぎずとか、香水もつけすぎると香りでは無くなりますしね。腹も八分目がいいとか。
 
例えが上手くなくてすいません~_~;
 
東洋医学では、こういったものを陰陽で例える事があります。
 
 
「陰極まれば陽となる。陽極まれば陰となる」
  
これは、陰陽転化と言います。
 
例えば、「夏至」を陽のピークとするとそこからは秋に向かっていきますよね。
これが、自然界の四季においての陽が極まって陰に向かっている状態ですね。冬だと、その逆になります。
 
なんとなく、分かりますかね?
 
これを食事に当てはめると、食べ飲み放題に行った時など、最初は好きな物を好きなだけ食べたり飲んだりして、めっちゃ幸せな気分になりますよね?
 
これを「陽」とします。
 
でも、満腹になり、それ以上食べたり飲んだりするとどうですか?
 
そこに幸せはなく、ただ苦しいだけですよね?
 
これが、食事においての、陽が極まってしまって陰に向かってる状態ですね。
  
これを、食事だけではなく他の事でもやり続けると陰陽のバランスが崩れて病気になる事があるのです。
  
今年の台風が陽なのか陰なのかは分かりませんが、昨今の異常気象を考えると地球の陰陽が乱れてる事は間違いないですね。
 
陰陽転化も、ホントはもっと深い話しなのですが、かなり簡略化させてもらいました。
 
陰陽を通じ、自分の身体、地球の事を少しでも考えて頂けたら嬉しいです。
 
気がついたら、地球規模の話しになってしまいすいませんσ^_^;
 
金曜担当ばんぶ〜でした。