富士登山競争に行ってきました。

東洋医学のちえぶろぐ
今回がvol.18でした。

 


金曜のばんぶ〜です。

 


前回、お話しましたが先週の金曜、迫りくる台風より一足先に「富士登山競争五合目コース」に初参加してきました。
 


天気は快晴、朝6時前に着いたからか少し肌寒かったので久々に長袖着ちゃいました。
 


このまま、涼しければいいな〜と思っていましたが徐々に暑くなっていきましたね(*_*)
それでも、まだ最近の暑さよりは全然ましだったのが救いでした。
 

 



今回が第71回という歴史あるレース
 


他のレースとは少し違う雰囲気です。
なんていうのか、真剣な表情の方が多い気がするんですよね(決して他のレースに参加されるている方が真剣ではないという事ではありませんσ^_^;)。
 


特に頂上コースの方だと思います。
 


やっぱりそれだけ過酷なレースであり、危険もあるという事もあるんだと思います。
 


特に頂上コースの方は、色んな思いがあるはずです。
 


大会2週間前に足柄峠で練習している女性は、「そろそろ卒業したい」って言ってましたし(*_*)
 

 




そんな中、頂上コースは、AM7時スタート
 


皆さん、元気に走り出していきました。
 


私のスタート時間はAM8時半、まだまだ時間はあるので、しばらく会場をぶらぶらして知り合い探しをしていると何人かに会えて健闘を誓い合いました^ ^
 

 



そして、時はたち五合目コーススタート!
 


序盤は抑えて走り、徐々にペースを上げていきました。
はじめのロード10キロを予定より3分遅れて登山道へ
 


ロードよりトレイルの方が好きなので巻き返す予定…でした…( ´_ゝ`)
 


しかし、そんなに甘くなく途中から足が攣り始める始末
 


攣りながら前に進むもどうしようもなく動けなくなり止まる、というのを何回か繰り返す
 


そんな状態なので、来年の頂上コースの参加権利タイム2時間20分を諦めかけていました。
 


時計持ってなかったし、スマホも見る元気なかったんで時間も分からないというホント情けない余裕のない状態。
 


しかーし、残り2キロ地点くらいでしょうか、スタッフの人が
 


「頂上コース参加のタイムいけますよー」って…
 


おー、まじかーってなって復活←単純
 


残り500メートル地点からも声援というか檄を頂き、力をもらってなんとかゴール
 

 



収穫は頂上コースの権利をギリギリですが得られた事と、足は攣ってしまいましたが人工的な補給食品(アミノ酸とかクエン酸入ってるやつ)をほとんど取らずに(エイドのアクエリアスは少し頂きました)走れた事でしょうか。
 


次に何かレースある時は、アミノ酸とか摂ってみようと思います。どれだけ効果あるのか試せますからね。
 


それにしても圧倒的な走力不足は否めませんね。
 


課題が山盛りで何からやっていこうかなって感じですが、色々試していきたいと思います。
 


あっ、それと友達ができました^_^
 


レース後、地上まではバスで連れてってくれるのですが、そのバスがあるところまでが長くて…(そう感じただけかもしれませんが)
 


その道中にナイスガイと知り合いました。
彼は山形から弾丸で富士登山競争に来たようで、片道約5時間、道の駅で車中泊、そしてなんと帰りは渋滞にはまり8時間くらいかかってしまったようです。
翌日は、仕事という…。
 


ホントにランに運転にお疲れ様でした。無事に帰宅できて良かったです。
 


家が近い私はほんと幸せだなって思いました。
 


山形からは10人参加されたようですね。
遠くからでも参加したくなる富士登山競争、走ってみてその気持ちが少し分かったような気がします。
 


きつかったけど、とても楽しめました。
 


大会運営スタッフ、またボランティアの方々、元気な学生さん、足を止めて応援してくれた登山者、近隣住民の方々、ほんとにありがとうございました。
 


来年、挑戦するかはまだ分かりませんが、今後も自分の身体を使って研究していきたいと思います。
 


最後まで読んで頂きありがとうございました。
 


金曜担当ばんぶ〜でした。