インナーマッスル!

どもども、水曜担当の三谷です。
 
 
さて、ここ何回かの連載では「胴体を動かしましょう!」というお話をしてきました。今回は胴体についてより詳しくお話ししていきますね!
 
 
よく雑誌などでも、「インナーマッスル」を鍛えましょうと言いますが、体の中で一番奥の筋肉って何だかわかりますか?
 
腹筋?
あっ!そうだ横隔膜でしょ?
 
 
いいえ、違います。
 
実は「内臓」なんです。内臓も筋肉で出来ています。
 
内臓は胴体という箱の中に中にぎっしり詰まっています。
 
もともと内臓はグチャグチャして柔らかいもので、揉み合うような形でどんどん動かされます。
 
お互い滑りあい、位置や形を変えて適応します。
 
そして本来、胴体は伸びたり、拡がったり、縮んだりと動きます。
 
胴体という柔らかい筒状の箱が自由自在に動きます。
 
そうなると、中にある内臓も自由に動ける範囲が拡がります。
 
胴体を動かすこととは、すなわち内臓の状態にも関係してくるんですね。
 
あなたの内臓は窮屈な思いをしてませんか?

 


三谷