ウォーミングアップ

東洋医学のちえぶろぐ vol.16
 
あ、汗が止まらない…(ー ー;)
 
Tシャツ3枚持って仕事に向かってる今日この頃です。
 
ほとんどの人との会話の始まりが、「暑いですね〜」というほんとに異常な暑さ…
 
アメリカではアスファルトが溶けたとか…
 
でも、少し慣れてきたような気もしますね。
たぶん…
 
この異常な暑さを、どうやって乗り切ろうか悩んでいる方、多いのではないでしょうか?
 
 
水を飲む、塩分を摂る、外に出ない、暑さ対策グッズを駆使する、他にもあると思いますがどれも限界がありますよね。
 
必要だと分かっていてもあんまり飲めない人もいます。
 
頑固な人は喉が渇いてないからって飲まない人もいますね。
 
飲むとトイレが近くなるから飲まないという人も。
 
身体の「水さばき」の機能が低下している方は飲みたくなくなるようです。
 
理由は様々だと思います。
 
 
世の中の風潮としては、今の時期は水分が必須となっています。
 
 
まあ、当然必須なんですが…
 
対処療法としては、間違いないと思います。
 
でも、結構忘れがちだけど大事なのが「準備」だと思うんですよね。
 
何かをやる前にするやつです。
 
運動する前は、ウォーミングアップ
学校のテスト前は勉強
仕事のプレゼン前の準備
他にも色々ありますよね。
 
では、暑い夏に備えた準備はしていますか?
してきましたか?
 
暑くなってから慌てて対処してませんか?
 
準備にも色々あると思います。
暑さ対策グッズを揃えるとかでもいいです。
 
物に頼るのもいいのですが、やっぱり自分の身体の準備をするのが一番だと思います。
 
暑さに耐えられる、または順応できる身体作りです。
 
正直なところ、今から今年の暑さに順応する身体作りはできません。
 
私が考える「準備」でベストだと考えるのはありきたりかもしれませんが運動です。(他にもあります)
運動により身体に刺激を与える、心肺に負荷をかける事で身体は強くなりますし、巡りもよくなるんですね。
 
運動はちょっと…という方は歩く事から始めてみてください。
私は長い距離を走るようになってから暑さに強くなりました。(私の場合はですよ。)
あっ、あと食べ物も大事ですね。
 
今年の、この暑さはなんとか乗り越えて頂き、秋くらいから来年の夏に備えて準備をしませんか?
 
ただ闇雲に身体を動かせばいいというわけではないので気をつけてくださいね。
 
来年の夏に向けた「準備」をしたい方は相談してください。
 
最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m
 
金曜担当ばんぶ〜でした。