身体の動かし方~身体はどうやって動くの?⑬~

こんにちは、上野 陽貴(うえの あきたか)です。

 

いま、水木曜と休みを頂いていて

 

木曜は雨が上がっていたので、ラン二ング後に

 

近所の MAISON IROQOI さんにお邪魔してきました。

 

ハートランドビールと紅茶のシフォンケーキをいただきました。

(何その組み合わせってなると思いますが、意外といけるんですよ〜w

 

身体動かした後のビールは何でこう美味しいんだろう!

 

リフレッシュできた休日でした。

 

前回の続きを深く掘っていこうと思います。

 

腹部の詰まりと浅い呼吸2.0

 

猫背になる事によって呼吸が浅くなることと

 

呼吸方法には、大きく分けて2つあることを言いました。

胸式呼吸と腹式呼吸です。

 

猫背は、肩が内に入り、背中が丸くなるだけでなく

 

お腹がクシュっと潰れます。

 

ミゾオチ周辺の筋肉などが縮まっている状態になります。

 

特に横隔膜という筋肉が、動きを制限され

 

腹式呼吸が出来なくなるだけでなく

 

胸郭を拡げたり、縮めたりすることも

 

制限されるため、胸式呼吸も物凄く窮屈になります。

 

つまり、猫背は腹式呼吸と胸式呼吸の両方に支障をきたすことになります。

 

かなり難しい内容を言いましたが

 

前回の記事と照らし合わせて

 

読んでいただけると理解できると思います。

 

前回の最後に言った

 

多くの方が胸式呼吸に頼っているというのは

 

猫背になることによって

 

ミゾオチ周辺が縮まる、つまり腹部が詰まっていることになり

 

横隔膜を使う腹式呼吸が出来なくなります。

 

なのでまだ動きの出やすい胸郭を使って呼吸をすることになります

 

改善するためのセルフエクササイズとしましては

 

ストレッチポールを使って背骨をリラックスさせることが有効です

 

最も効果的なのは専門家に診てもらうことですけどね。

 

質問・相談は随時受け付けています。お気軽にどうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

火曜日担当の上野でした。


追伸

火曜日限定で診療時間を22時30分まで拡大延長しております。

帰りが遅くなかなか来院できない方におススメです。

完全予約制で、枠に限りがあります。

当日21時まで受け付けておりますので、お電話か下記の問い合わせフォームにてご連絡ください。