腰痛前線停滞中

東洋医学のちえぶろぐ vol.13
金曜担当のばんぶ〜です。
 
梅雨本番、いい感じでジメジメしてきましたね…ϵ( 'Θ' )϶
 
でも、今日は少しいい天気。
 
さて、突然ですが最近腰を痛めて見えられる患者さんが増えてます。
 
しかも、症状が似てるんですよね。
 
腰の下の方が特に痛くて、お尻から太ももまでの痛みも訴えています。
なんでだろうと考えたところ、共通して言える事があるんです。
皆さん程度は違いますが、身体が腫れぼったいんですよね。浮腫んでる感じと言った方がいいかもしれません。
 
 
どういう事かと言うと、以前もお話ししましたが身体の水さばき機能が低下しているんです
 
 
その為、身体の中に溜まった湿気が痛みを引き起こしているのかもしれません。
 
 
この場合、湿気だけではなく、
湿気+暑さ
湿気+冷え(クーラー)
湿気+疲れ
 
これらが合わさって悪さをする事が多いです。
 
なかなかピンとこないかもしれませんが、例えるなら身体が浮腫んで重いな〜って感じる時、運動して汗をかいたり、マッサージで浮腫みを流すと身体が軽くなった事はありませんか?
 
それが、部分的に特に溜まって腰に悪さをしている状態です。しかもネッチョリして流れにくい…
 
余計分かりづらいですかね…(^_^;)
 
特に腰や膝に悪さをする事が多いように感じます。
 
こういった症状にならない為には、冷たい物を飲み過ぎない(お酒も)、クーラーに頼りすぎない、味の濃いもの甘いもの油っぽいものを食べ過ぎない、適度に運動をする、水さばきを良くするツボにお灸をする。
 
ありきたりの事ですが、気をつけて頂くと夏を快適に過ごせるかと思われます。
 
もちろん、症状が出てしまった場合、ちゃんと治療すればよくなりますよ。
 
最後まで読んで頂きありがとうございましたー!
 
 
金曜担当ばんぶ〜でした^_^