身体の動かし方~身体はどうやって動くの?⑩~

こんにちは、上野 陽貴 (うえの あきたか)です。

 

シリーズも10回目を迎えました。右往左往しながら

 

しっかりと着地したいです。

 

まだまだ続く予定なので、スナック菓子のようにサクっと読んでいただければ幸いです。

 

 

今回のテーマは

 

効率のいい着地は踵?2.0 です!

 

 

前回と一緒じゃないですか?

 

と疑問に思う方がいると思います。

 

バージョンアップというか前回、核心まで触れられなかったので同じテーマでいきます。

 

踵着地は半分靴のせいだとも取れる書き方をしました。

 

ソールにクッションが入っており、靴の重心が踵にあるため

 

踵からの着地になってしまうのだと。

 

 

もうひとつ踵から着地する原因はあります。

 

自分の重心より前で着地しようとすると、踵から自然に落ちていきます。

 

踵から着地するということは、重心が移動していない証拠で

 

前に進む力を筋力に頼ることになります。

 

前に出した足で身体を引き寄せ、後ろにある足で蹴って

 

身体を前に進めなければならず

 

年齢が高くなる程に、お尻・脚の力は弱まっていき、段々歩行スピードは落ちてきます。

 

おまけに膝・股関節に係る衝撃が強いため、何かしらの痛みに襲われます。

 

これでは効率のいい着地になっていると言えますか?

 

 

走動作の時にもこのことが言えます。

 

股関節ファースト、胸から走る

 

これは理論としては大変すばらしいです。

 

重心の移動を伴って初めて本領を発揮します。

 

ふくらはぎ、足裏に痛みを感じた方

 

まず重心を自由に移動できるように心がけてください。

 

もちろん治療も必要になってきますよ。

 

 

質問・相談は随時受け付けています。お気軽にどうぞ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

火曜日担当の上野でした。


帰りの遅い方!朗報!

火曜日限定21時以降も診療中

完全予約制で枠に限りがありますので、ご連絡はお早めに。